中小企業が、積極的な健康維持増進をすべき3つの理由

1. オーナーである経営者の働き方(姿勢)が従業員の生活習慣や健康に影響を与えやすい傾向がある

2. 従業員が体調不良を感じても、年休を取ったり、早退しにくい傾向がある。

3. 従業員から健康上の理由による休職相談があった場合、休職がそのまま退職に繋がりやすい傾向にある。

業種や職種によって特有の健康課題があります。

​生活習慣病は職業習慣病です。

管理部門​・事務系

腰痛・肩こり・足のむくみ

高カロリー・高塩分・高血圧

​工場系・工事関係

血糖値が高い

営業・ITエンジニア

​サービス業・接客業

夜勤があり生活が不規則・就寝直前の飲酒・不規則な食事・高い喫煙率

ドライバー

御社の業種や職種に応じた健康課題解決の

​座学と実践研修をご提案いたします。

正しい歩き方研究所

〒806-0021 福岡県北九州市八幡西区黒崎4-4-9
TEL:090-3329-1890

© 2019 Right Walk Labo